teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


Re: 単TDA1543DAC NOSの音質についての づか様への返信

 投稿者:づか  投稿日:2018年 7月 8日(日)22時53分38秒
返信・引用
  > No.104[元記事へ]

otokichiさんへのお返事です。

すごいレベルまで追及されてますね。わたしはそこまでやる技術力はないです。
ただ、あの頃のphilipsトーンというのがあって、この古いチップを捨てきれないし、真空管アンプから始めた世代には、最新のチップは小さくて、足が多くて、いじるのがたいへんです。(いじってますが)
 
 

単TDA1543DAC NOSの音質についての づか様への返信

 投稿者:otokichi  投稿日:2018年 6月14日(木)04時56分16秒
返信・引用
  づか様、早々のご返信有難うございます。
説明不足で申し訳ありません。当方自作のNOSは、GREECE7様等のI/V NCH FET K369の回路を拝借して製作しました。LPFはなく DIRはCS8414でDACのアナログ8V電源には基準電源にNJM431Dを使用、リップルフィルタは2SC5171使用、各デジタル部にはデジタルノイズを極少にするため、電源端子部にインダクター、デジタルリターンパス等細心の注意を払って製作し、その結果の音質感想であります。デジタル信号のアパーチャ効果を確認するため製作しました。
 余談ですが、今、趣味での当方の課題は、ハイサンプリングにおけるデジタルフィルタの動作性能についての評価です。現在最新鋭のDF部を含むDAC AKM4495やAKM4497を使用した音質評価で、過去に当方自作等のDFにNPCのSM5842、DACにPCM1704Kを使用し、デジタル信号入力の2fsプリアンブル検出のバリメガ2NDPLL D/Aコンバーターの音質に決定的・圧倒的な差異があるとの論評を見掛けないためです。AKM4495等はデジタルスイッチングノイズ防止の電源端子が6個、他アナログに2個程度あるようです。その6個の内にDFの電源端子がありますが、技術資料でも詳細は不明です。AKM4495等はDFに8倍オーバーサンプリング更に16倍のサンプリングデジタル回路があるようでアクチェクターは32ビットで演算丸め誤差は無視できるようです。そこで取り合えず過去にNPCから販売されたDF SM5842と上位版SM5847AFとの音質比較をしてみようとの魂胆です。SM5847は6個の電源端子があり演算部の電源端子も全て分けてありますが、アクチェクターは24ビットなので丸め誤差が極少あるかも知れません。現在ジッタ50PsのDIRにWM8805 DFにSM5847AF DACにPCM1704K使用し、LPFにGIC型fc約40KHZを自作中です。
 

Re: TDA1543 単DAC NOSの音質について

 投稿者:づか  投稿日:2018年 6月14日(木)00時08分25秒
返信・引用
  otokichiさんへのお返事です。

> はじめまして、楽しくご見読しております。お礼申し上げます。
> 単TDA1543 DAC NOSの音質についてですが、当方もNOSの音質をぜひ確認したくなり、先般自作してその音質を確認致しました。感想を言いますと、小さいDACですが、使用電流が大きいので低域部は理論的にもハイサンプリング機器と同様力強い低音が出てきますが、やはりデジタルの宿命であるアパチャー効果により高域部が少し減衰しているようです。オーディオ的には本NOS DACは、サンプリング48KHZや最高使用サンプリング96KHZ当たりでその真価を発揮出来るのではないかと思った次第です。LR分離をすれば、聴感的にもう少しは改善されるかもですね。どうぞよろしくお願い致します。

確かにLR分離すれば、解像度が上がり、高域がスッキリします。 あとは、フィルターも大事。IVも大事。Greece7さんのとこのFET IVを試すと、目からウロコかもです。
 

TDA1543 単DAC NOSの音質について

 投稿者:otokichi  投稿日:2018年 6月13日(水)11時20分45秒
返信・引用
  はじめまして、楽しくご見読しております。お礼申し上げます。
単TDA1543 DAC NOSの音質についてですが、当方もNOSの音質をぜひ確認したくなり、先般自作してその音質を確認致しました。感想を言いますと、小さいDACですが、使用電流が大きいので低域部は理論的にもハイサンプリング機器と同様力強い低音が出てきますが、やはりデジタルの宿命であるアパチャー効果により高域部が少し減衰しているようです。オーディオ的には本NOS DACは、サンプリング48KHZや最高使用サンプリング96KHZ当たりでその真価を発揮出来るのではないかと思った次第です。LR分離をすれば、聴感的にもう少しは改善されるかもですね。どうぞよろしくお願い致します。
 

AQUAのIC

 投稿者:harbor  投稿日:2018年 3月25日(日)11時37分36秒
返信・引用
  基板パターンから回路を調べての部品探しで、信号の向きを思い違いして茶畑に入ってしまっていたようです、今日気が付いたところ単純なD-FFの74374系で良さそうですね。
すみませんでした。
 

AQUA DAC

 投稿者:harbor  投稿日:2018年 3月24日(土)21時02分48秒
返信・引用
  初めまして。
すみません、相手が違うとお叱りを受けるかもしれませんが、資料がなく困っています。
青木さんのAQUA青基板を保管していた物を組立てようとしているのですが、
20pinICの型式が解らず止まっています、教えて頂けませんでしょうか?
 

Re: m.holzaepfel@hotmail.de

 投稿者:づか  投稿日:2017年 5月22日(月)15時54分45秒
返信・引用
  > No.98[元記事へ]

TDA 1543さんへのお返事です。

> Hi, I´m interested in your dual mono dac using tda 1543.
>
> Do you speak english ?
> Which triode do you use @ LR分離回路配線図 (EBC)
>
>
Now, I'm trying TESRA's 6CC42. 6N3P-E is not so bad. 6N3P-EV is better.
I will try 6N3P-I, in some day.

 

m.holzaepfel@hotmail.de

 投稿者:TDA 1543  投稿日:2017年 5月15日(月)05時54分38秒
返信・引用
  Hi, I´m interested in your dual mono dac using tda 1543.

Do you speak english ?
Which triode do you use @ LR分離回路配線図 (EBC)

 

Re: Jinsonさん作TDA1543 LR分離DAC for Raspberry piの改造 J-FET IV編

 投稿者:万代  投稿日:2017年 3月10日(金)02時08分22秒
返信・引用
  づかさんへのお返事です。

ご教示、有難うございました。万代です。

そのようなリスクがあったのですね。
電圧の調整と確認は慎重にしたいと思います。

一部の部品が入手しにくくなっているようでした。
失敗したら、再挑戦では代替品の利用になりそうです。
 

Re: Jinsonさん作TDA1543 LR分離DAC for Raspberry piの改造 J-FET IV編

 投稿者:づか  投稿日:2017年 3月 6日(月)17時37分8秒
返信・引用
  > No.94[元記事へ]

万代さんへのお返事です。

> 初めまして。
> TDA1543 DAC の検索からじんそんさんのブログを経由してきました。
>
> 突然の来訪で、しかも勝手なお願いで申し訳ありません。
> 私も試してみたいのですが、分からない点がありまして、もしよろしければ教えて下さい。
>
> 基板裏のVref用抵抗は、150Ωでしょうか。
> また変更点で挙げられた0.1uFのコンデンサ3点を、PPS 0.22uFでお使いになられたのでしょうか。
> LED5点は使用電圧8V程度に追い込まないと危険でしょうか。
>
> ご教示いただければ幸いです。

PPSは0.22uFの手持ちがたくさんあるのとサイズ的に扱いやすかったので使いました。電圧は8Vを越えるとDACチップが危なくなりますが、電圧を下げ過ぎると、各定数が最適値からずれて、多くの場合、音がつまらなくなります。
 

レンタル掲示板
/11